池澤夏樹『最も長い河に関する省察』帯文